ザ・低血圧対策ウェブ
脱・低血圧!スッキリ&アクティブな身体に変えるナビ

頭痛・頭重感

低血圧が原因となって起こる、頭痛や頭が重いなどの症状について詳しく解説します。

低血圧による頭痛・頭が重いなどの症状

低血圧の人は原因不明の頭痛をもっている場合が大変多く、ズキンズキンと響く痛み、ズンと重たい痛みなど、二日酔いの時のような痛みに似ているとも言われています。

なぜ、低血圧の人が頭痛を起こしやすいのかという正確な原因ははっきりしていませんが、脳内の血管の流れや、首から方にかけての血液の循環が滞るために起こるのではないかと推測されています。

低血圧による頭痛・頭が重いなどの症状人間のからだは、横になっている時以外は、心臓よりも脳が高い位置にあるため、脳の血流が少なります。

健康な状態であれば、脳内の血管を収縮させて心臓に血液を戻す力が働きますが、低血圧になると脳が血液を必要として脳の血管を拡げるため、頭痛が起こるとされています。

低血圧による頭痛は午前中に起こることが多く、午後になると和らいでくるという特徴があります。

また、頭痛まではいかなくても、朝起きてから1~2時間は頭に酸素が入っていないような感じがするという場合もあります。朝は頭が重くてご飯も食べられないということもあり、無理やり食べると気分が悪くなったり吐いたりしてしまう人もいるようです。

「フラフラするし頭が重いから、脳に異常があるのではないか」と悩んでいた人が、低血圧によるものだったというケースも案外多いのです。

頭痛・頭が重いなどの症状を和らげるには?

低血圧による、頭痛は血流を良くすることが大切です。また、お風呂に入る、適度に運動する、朝食をきちんと摂るなどの習慣を心掛けるようにしましょう。

また、急激なダイエットも低血圧の原因となりますので、思い当たる節がある方は意識しましょう。

 
pagetop