ザ・低血圧対策ウェブ
脱・低血圧!スッキリ&アクティブな身体に変えるナビ

頭痛・頭重感

低血圧が原因となって起こる、頭痛や頭が重いなどの症状について詳しく解説します。

低血圧による頭痛・頭が重いなどの症状

低血圧の人は原因不明の頭痛をもっている場合が大変多く、ズキンズキンと響く痛み、ズンと重たい痛みなど、二日酔いの時のような痛みに似ているとも言われています。

なぜ、低血圧の人が頭痛を起こしやすいのかという正確な原因ははっきりしていませんが、脳内の血管の流れや、首から方にかけての血液の循環が滞るために起こるのではないかと推測されています。

低血圧による頭痛・頭が重いなどの症状人間のからだは、横になっている時以外は、心臓よりも脳が高い位置にあるため、脳の血流が少なります。

健康な状態であれば、脳内の血管を収縮させて心臓に血液を戻す力が働きますが、低血圧になると脳が血液を必要として脳の血管を拡げるため、頭痛が起こるとされています。

低血圧による頭痛は午前中に起こることが多く、午後になると和らいでくるという特徴があります。

また、頭痛まではいかなくても、朝起きてから1~2時間は頭に酸素が入っていないような感じがするという場合もあります。朝は頭が重くてご飯も食べられないということもあり、無理やり食べると気分が悪くなったり吐いたりしてしまう人もいるようです。

「フラフラするし頭が重いから、脳に異常があるのではないか」と悩んでいた人が、低血圧によるものだったというケースも案外多いのです。

頭痛・頭が重いなどの症状を和らげるには?

低血圧の人は、頭痛が起きやすかったり、めまい・ふらつきの症状があったり、さらには身体も疲れやすい体質になります。低血圧によって頭痛が起きる原因は、脳へ送られる圧力が弱いため血流が悪くなるからです。また、体内の血液量が減少したり、ストレスから解放されたりすると血管が急に広がってしまいます。その結果、頭痛が起きやすくなってしまうわけです。

低血圧による頭痛や偏頭痛は、 血管に問題があるため鎮痛剤での解消は難しいようです。頭痛の解消には、日々の生活の中で血圧を改善することが治療へと繋がる第一歩となります。

低血圧による頭痛の改善策として、適度な運動があげられます。 運動と言っても、激しい運動は逆に頭痛の原因となりますので注意が必要です。おすすめなのがヨガやストレッチ。ヨガは、全身運動のため酸素を全身に取り入れ、血行の巡りを良くし基礎代謝も上がります。ストレッチをお風呂上がりや寝る前などに行うのも効果的です。続けることによって、血流も良くなり体温も上昇しますよ♪

食事のバランスに気をつけることも大切です。食事は1日3食しっかり食べて栄養バランスにも気を配りましょう。特に、食事の効果を高めるためにも、身体の中から温まるものを飲んだり食べたりするようにしましょう。温かいお茶やコーヒーはカフェインを含むため自律神経を刺激し、血液の循環を良くしますよ。しかし、摂り過ぎには注意してくださいね。運動をしたり、バランスのとれた食事を摂ったりすることで、正常な血圧を目指せば悩みの種である頭痛も改善出来ますよ。

 
pagetop