ザ・低血圧対策ウェブ
脱・低血圧!スッキリ&アクティブな身体に変えるナビ

肩こり・倦怠感・疲れやすい

「やる気はあるのに体がついていかない」「すぐに横になりたくなる」といった慢性的なだるさや疲労感なども低血圧の特徴です。

低血圧による肩こり・倦怠感・疲れやすいなどの症状

チェック!肩こり

低血圧の人は、血流が悪いため、肩こりの人が多く見られます。低血圧の人は血流が悪いため、首から肩に老廃物がたまりやすくなり、ますますその部分の血液循環が滞るとうい悪循環に陥るためです。

肩こり首の筋肉は肩や頭と繋がっているので、首の緊張感が強くなった時、肩こりや頭痛、頭が重いなどの症状があらわれます。

低血圧は、体の中の循環が良くない状態なので、不調が現れる場所は人それぞれですが、肩こりの症状が現れる確率が高いようです。低血圧による肩こりの解消は、肩や首だけをピンポイントで揉んだり回したりするのではなく、全身運動で血液の巡りを良くすることが重要です。

手軽にできて有効なのはウォーキング。足と腕を動かしながら20分ほど歩くだけで血流が良くなり肩こりも解消することが多いようです。

チェック!倦怠感

疲れ・倦怠感強い疲労感も低血圧の辛い症状のひとつ。常に体がだるい、疲れている…といった倦怠感から「朝、なかなか起き上がれない」という人も多くいます。

特に、疲れるようなことをしていないのにいつも疲れている人は、低血圧かもしれません。

朝、少しでも布団から出やすくするためには、いきなり布団から出るのではなく、布団の中で体を伸ばしたり、縮めたりといったストレッチをして血液の流れを良くしてみましょう。また、辛くても体のエンジンがかかるように朝食はきちんと摂るように心掛けましょう。

冷たい食べ物よりも温かい食べ物を摂ると、より効果的です。

デスクワークが中心の人は、こまめに休憩を取り 、簡単なストレッチをするなどして、血流を良くするようにしましょう。

 
pagetop