ザ・低血圧対策ウェブ
脱・低血圧!スッキリ&アクティブな身体に変えるナビ

冷え性・低体温

低血圧の人は低体温や冷え症になりやすいと言われています。低体温とは、平熱が35℃台のことを指します。

体温が1℃下がるだけでも免疫力が40%近く下がり、体調を崩しやすくなります。低体温や冷え症の予防策や対処法を覚えて健康体になりましょう。

低血圧が原因による低体温・冷え症などの症状

チェック!低体温

低血圧の人は朝が弱い人が非常に多いですが、朝起きられないのは体温がなかなか上がらず身体にエンジンがかからないせいとも言えます。低血圧は、心臓から全身へと送り出される血液の圧力が弱い状態です。

低体温それに伴い、筋肉で作られた熱を身体の各所へ伝える力も弱まっているため低血圧の人は低体温になりやすいと言われています。ちなみに、血圧や体温のコントロールは脳の視床下部が司っているのですが、このコントロール機能がおかしくなると低体温や低血圧の症状が現れます。

低体温は、体温を上げることがとにかく大切です。冷たい飲み物や食べ物の摂取は避けて、体を温めるものを摂りいれましょう。また、血液を送り出す力を強くするという意味では、適度な筋トレも効果的です。スクワットや腹筋、ウォーキングなど身近にできる運動を摂りいれてみるのも良いでしょう。

チェック!冷え性

冷え性もまた、低血圧と大きく関係しています。冷え性は、血液の循環が悪くなることが原因です。通常、心臓から送り出される血液は全身の筋肉や毛細血管へと運ばれ、また静脈を通って心臓に戻ってきます。

低血圧が原因による低体温・冷え症などの症状しかし、毛細血管の働きが悪いと血液が足先で滞ってしまい血液が戻りにくくなり、よって冷えが起こります。低血圧は、そもそも心臓が血液を送り出す力が弱い状態なので、心臓から一番遠いところにある足先まで十分な血液が送られず、体温も心臓から離れるにつれて低くなります。

また、低血圧の人が冷え性になりやすい理由として、自律神経の働きが弱いことも原因に挙げられます。自律神経は、血管を収縮させる交感神経と、血管を広げる副交感神経から成り立っていますが、低血圧の人は副交感神経の働きが強く、交感神経の働きが鈍いと言われています。

つまり、血液を手足などの末端にまで送る圧力が弱まり、手足が冷たくなるのです。

ほかにも、寒さを防ごうと厚着をし過ぎるのも禁物です。何枚も重ね着をすると身動きがとりづらくなってしまい、運動不足になりかねません。身動きしにくいぐらいの厚着は、さらに冷え性を悪化させる原因にもなります。

月並みですが、冷えに悩む人は体を動かすことが大切です。毎日運動をしなくても、時々運動をするだけでも自律神経のバランスが良くなり冷えも改善されるはずです。

 
pagetop