ザ・低血圧対策ウェブ
脱・低血圧!スッキリ&アクティブな身体に変えるナビ

生活習慣の見直し

低血圧の不快な症状を和らげる生活習慣の改善ポイントをまとめました。食事、入浴、水分摂取、運動などさまざまな方法をレクチャーしています。

低血圧の人が心掛けたい生活習慣

生活習慣を見直して症状を改善!残念ながら、低血圧の治療法は確立されていません。しかし、生活習慣を見直すことで症状を改善できることは明らかになっています。

生活リズムをすぐに変えるのは大変だと思いますが、少しずつ改善していくことで体の調子がよくなっていくはずです。

以下に紹介する日常生活のポイントを実践してみてくださいね。 

チェック!朝型生活を心掛けよう
低血圧の人は朝が弱く、夜型の人が多いのが特徴。
不眠体質で布団に入っても眠れない人も多いと思いますが、夜更かしをすると朝起きられず、「午前中はずっと頭が働かない」、「夜になると寝つきが悪くまた夜更かしをしてしまう」といった負のスパイラルに陥ります。
最初は大変かもしれませんが10分でも早く寝る ように意識してみてください。
昼夜の生活リズムの乱れを正して自律神経を整えれば、血管の拡張と収縮がスムーズに行われるようになるはずです。

チェック!水分を多めに摂る
水分を多く摂ると血液量が多くなり、血の巡りも良くなります。1日1~2リットルを目安に摂り入れるようにしましょう。

チェック!1日3食、バランス良く食事を摂る
一般的に、低血圧の人は朝辛いからと言って朝食を抜きがちですが、1回の量を少しにしても良いので栄養バランスの摂れた食事を、1日3食摂るようにしましょう。
貧血を併発している人は、レバー、うなぎ、かつおといった鉄分が豊富な食材を積極的に摂るのがおすすめです。また、タバコ、コーヒーなどの嗜好品の過剰 摂取も避けましょう。

チェック!意識して体を動かそう
普段から、階段を使う、できるだけ歩くなど意識して体を動かすことで不調を和らげることができます。
まずは無理なく続けられるものからトライしてみましょう。

チェック!温冷交代浴を取り入れよう
熱いお湯をはった湯船に3分間浸かり、冷たいシャワーを手または足に10秒間さらす。これを5セット繰り返すことで、血圧の急低下を予防できます。
血管の収縮・拡大を活発化させ、心臓から血液を送り出す力が強くなるので低血圧改善効果が期待できます。血の巡りも良くなるので冷え性対策にも有効です。

 
pagetop