ザ・低血圧対策ウェブ
脱・低血圧!スッキリ&アクティブな身体に変えるナビ

低血圧対策ウェブ HOME » そもそも低血圧とは? » どこからが低血圧なの?

どこからが低血圧なの?

血圧が低下した状態を指す「低血圧」。広く知られている状態ではあるものの、ではどこからが低血圧なのかと聞かれると答えられる人は少ないのではないでしょうか。この機会に、低血圧の基準について確認しておきましょう。

どこからが低血圧なの?

上の血圧が100mmHg以下、下の血圧が60mmHg以下が低血圧血圧の正常な範囲は、最低血圧90mmHg~最高血圧140mmHgの範囲を指すといわれています。

高血圧の範囲が段階的に細かく分けられている一方、低血圧はWHOの定めた数値では、最低血圧が60mmHg、最高血圧が100mmHg未満となっています。

なぜ低血圧という状態になるの?

通常、私たちの血液はからだに張り巡らされた細かい血管を通って全身へと送り出されています。からだの隅々にまで血液を送るためには、適度な圧力をかけ勢いをつける必要があります。

血液を送り出す心臓のポンプ作用が弱いことで、低血圧の症状が出るそこで血管の壁を広げるような力をかけて血液を送り出すわけですが、心臓の力を利用して送り出しているため、心臓の動きに合わせて血圧の値が上下することになります。また、心臓の周辺からからだの末端部に向かうにつれて血圧も変化します。

本来、正常な値であれば問題のない血圧ですが、中には低血圧と言う状態が続いている人もいるでしょう。

もともと血圧が低く、原因がわかっていない「本態性低血圧」の人と、他の疾病の付随症状として低血圧が現れている人がいます。後者の場合、自律神経失調症などを患っている関係で、結果として血圧が低い状態になっていると考えられます。

自分がどちらのタイプの低血圧なのかを知ることも、改善に向けたステップとして大切なことです。女性は低血圧の人が多いとも言われているので、気になる人は一度詳しく調べてみるといいでしょう。

 
pagetop