ザ・低血圧対策ウェブ
脱・低血圧!スッキリ&アクティブな身体に変えるナビ

低血圧対策ウェブ HOME » これはオドロキ!低血圧にかんするマメ知識 » 低血圧最大の難関!夏を乗り切るコツ

低血圧最大の難関!夏を乗り切るコツ

あっちゃん「のぼせ」「たちくらみ」「無気力」をふっとばそう!低血圧の人にとって最も辛~~い季節、「夏」を乗り切るポイントをまとめました。食生活や運動、過ごし方などを分かりやすく紹介していますので、ぜひチェックしてみて下さいね^^

低血圧のだるさに悩む人が夏に気をつけたいポイント

低血圧を引き起こしやすいのは「季節の変わり目」と言いますが、最も深刻なのは「夏」の時期です。

運動の中には低血圧の症状を引き起こすものもなぜ、夏に低血圧の症状が悪化するかと言うと、寒い季節は血管が収縮するため血圧が上がるのですが、夏は血管がゆるみ、太い血管にばかり血液が流れるため血圧が低くなるのだそう。

一般的に、梅雨から低血圧の症状があらわれはじめ、ムシムシした日が続くと原因不明の頭痛に悩まされたり、けだるくなったりする人が多いです。

私も夏場にかけては不調を感じることが多く、朝起きられない、食欲がないなどの症状に悩まされていました。。真夏は外に出るとクラっとするので、休日はクーラーのついた寝室で布団にもぐったり、外出先でも涼しい場所に避難したりもしましたね^^;

快適に夏を乗り切る!低血圧さんにおすすめの過ごし方

この時期を乗り切るために大切なのは、室内と室外の温度差を少なくすることです。冷房の効いた部屋から外に出ると、体内の温度調節機能がうまく機能しないため、低血圧の症状がひどくなる可能性もあります。

冷房が効いた部屋で過ごす時は、厚手のカーディガンやひざ掛けを使って身体が冷えないようにしましょう。夜、寝る時も冷房をつけたまま寝ると身体を冷やしてしまうので、冷房を使う場合はタイマーを使う、扇風機を使って空気の流れを対流させるなどの工夫をしたいですね。

チェック!食生活

夏場は冷たい飲み物や食べ物が欲しくなりますが、多量摂取はおすすめできません。低血圧の人はただでさえ血行が悪いのに、身体を冷やしてしまうと血液の流れが悪くなり、悪循環に陥ります。

夏場でも体を温める飲み物や食べ物を摂るように意識しましょう。また、血液がドロドロにならないよう、水分補給を心がけることも大切です。

チェック!運動

低血圧の改善には適度な運動が有効ですが、夏の昼間に行う運動は熱中症の危険があるため、激しいスポーツは避けた方が良いそうです。朝の涼しい時間にウォーキングをすれば頭もスッキリしますし、午前中のけだるさも軽減されるはずです。

低血圧の改善は、食生活や生活習慣の見直しは欠かせません。夏バテだから…と諦めず、体質改善のためにできることからコツコツ積み重ねていきたいものですね!

あっちゃんおすすめ!低血圧対策サプリ3選
薬院オーガニックのプロポリス
安心度 朝すっきり度 血のめぐりスムーズ度
詳しくはこちら
薬院オーガニックの
プロポリス
高麗人参・田七人参
安心度 朝すっきり度 血のめぐりスムーズ度
詳しくはこちら
高麗人参・田七人参
コエンザイムQ10
安心度 朝すっきり度 血のめぐりスムーズ度
詳しくはこちら
コエンザイムQ10
このサイトの筆者
筆者:あっちゃん(圧子)
最高血圧:94mmHg
最低血圧:58mmHg
子どもの頃からスーパー低血圧で、学校の朝礼中は貧血で倒れることもしばしば。特に朝は弱くて、目が覚めてから布団を出るまで30分以上かかるツワモノ!
でも、低血圧対策としてサプリを飲み始めサプリを飲んでてからは、スッキリ目覚められるようになりました^^
私が飲んでいるサプリはこれです
そもそも低血圧とは?
低血圧の症状とその対処法・予防策
低血圧の種類とその原因
血圧あげてすっきり解消!今日からできる低血圧対策まとめ
低血圧対策サプリに入っている成分を比較!
これはオドロキ!低血圧にかんするマメ知識
 
pagetop