ザ・低血圧対策ウェブ
脱・低血圧!スッキリ&アクティブな身体に変えるナビ

低血圧対策ウェブ HOME » 低血圧の種類とその原因 » 低血圧時の発汗は病気?なぜ発症するのか

低血圧時の発汗は病気?なぜ発症するのか

基本的に、低血圧の方は身体が冷えやすいのが特徴です。体の末梢にある毛細血管まで血液が行き渡らないため、どうしても身体が冷えやすくなってしまいます。しかし、中には発汗が多いという症状を持つ人もいます。なぜ冷え性なのに汗をかきやすいのでしょうか。実はその発汗は他の病気に繋がる危険信号なのかもしれません。血圧が低いにも関わらず、よく汗をかいてしまうという方は是非参考にしてみてください。

血圧が低いのに汗をかいてしまう理由

結論から言いますと、血圧が低いというだけで発汗量は増えません。汗を大量にかいてしまう理由は自律神経の乱れにあります。人の身体には、リラックスした時に働く副交感神経と緊張時に働く交感神経とがあり、それが交互にうまく働くことで精神面だけでなく身体の様々なバランスを保っています。適度な緊張と適度なリラックスを感じることで自律神経のバランス調整が取れるというわけです。例えば、強いストレスを長く感じれば交感神経しか働かず、身体は常に緊張した状態を保ってしまいます。身体が緊張や興奮をしている状態、すなわち交感神経が優位の状態の時は、身体は常に熱を帯びそれが発汗へと繋がるのです。そして交感神経しか働いていない状態が長く続くことで自律神経が乱れます。低血圧の原因のひとつに自律神経の乱れも挙げられますので、「低血圧なのに発汗量が多い」という方は自律神経が乱れてはいないか、注意してみてください。

運動後の低血圧や発汗にも気をつけよう

血圧の低い人が汗をかいてはいけないというわけではないのですが、正常な血圧の人よりは危険な面もあります。低血圧の方は心肺機能を上げたり身体を温めたりすることが大切ですので、軽いランニングやウォーキングなどの有酸素運動がとても有効的です。急な筋トレなどの無酸素運動だと、やはり心臓や血管へ急激な刺激を与えてしまうので、血圧の低い方は有酸素運動から始めることをおすすめします。適度な運動はとてもいいのですが、その時に気を付けなければいけないのが発汗です。汗は体内の塩分を一緒に排出してしまいます。血圧が低い人にとって塩分は大切な成分です。若干ではありますが、健康な人より多めに摂った方がいいくらいなので、流れ出た塩分はすぐにでも取り戻さなければいけません。運動をしながらの水分補給は当然ですが、塩分の入ったスポーツドリンクなどで補うことが大切です。

自律神経を整えることで、発汗を防ごう

発汗の原因として、自律神経の乱れが関わっていると説明しましたが、やはり自律神経を整えることはあらゆる面で大切なことです。まず、自律神経の乱れから現れる症状として、低血圧、多汗、のぼせ、頭痛、肩凝り、むくみ、倦怠感、手足の冷えなどが挙げられます。厄介なのが、「入院するほどの重症ではないが日常生活が辛い」という症状ばかりですし、どれかに当てはまるという方も多いのではないでしょうか。発汗を防ぐためには自律神経を整えることが第一ですが、恐らく他のつらい症状も一緒に改善できるはずです。まずは精神面をリラックスさせることが大切です。好きな入浴剤を入れてゆっくり入浴することは、リラックス効果もありますし汗腺を鍛える効果もあります。また、適度に体を動かすこともおすすめです。ストレス発散にもなりますし、運動は心にも効果的です。ぐっすり眠ることも大切なので、日常的に体を動かすことは一石二鳥な行為と言えるでしょう。

まとめ

自律神経の乱れは日常生活に様々な支障をきたし、病気になる一歩手前と言ってもいいほど深刻な問題につながりかねません。一気に治す方法はありませんが、自身で心がけることで治療を行うことは十分可能です。焦らずに自分がしたいことやリラックスできることを優先し、規則正しい生活と適度な運動を取り入れてみてください。自分を労わってあげることが何よりも大切です。

参考URL

http://woman-ase.com/blog2/archives/957
http://sodan.e-65.net/kaigo/lewy_guide/taiou/jiritsu.html
http://no-shukketsu.com/sweat_under_the_scorching_sun/

あっちゃんおすすめ!低血圧対策サプリ3選
薬院オーガニックのプロポリス
安心度 朝すっきり度 血のめぐりスムーズ度
詳しくはこちら
薬院オーガニックの
プロポリス
高麗人参・田七人参
安心度 朝すっきり度 血のめぐりスムーズ度
詳しくはこちら
高麗人参・田七人参
コエンザイムQ10
安心度 朝すっきり度 血のめぐりスムーズ度
詳しくはこちら
コエンザイムQ10
このサイトの筆者
筆者:あっちゃん(圧子)
最高血圧:94mmHg
最低血圧:58mmHg
子どもの頃からスーパー低血圧で、学校の朝礼中は貧血で倒れることもしばしば。特に朝は弱くて、目が覚めてから布団を出るまで30分以上かかるツワモノ!
でも、低血圧対策としてサプリを飲み始めサプリを飲んでてからは、スッキリ目覚められるようになりました^^
私が飲んでいるサプリはこれです
そもそも低血圧とは?
低血圧の症状とその対処法・予防策
低血圧の種類とその原因
血圧あげてすっきり解消!今日からできる低血圧対策まとめ
低血圧対策サプリに入っている成分を比較!
これはオドロキ!低血圧にかんするマメ知識
 
pagetop