ザ・低血圧対策ウェブ
脱・低血圧!スッキリ&アクティブな身体に変えるナビ

低血圧対策ウェブ HOME » 低血圧の種類とその原因 » 低血圧の原因を防ぐ圧迫治療のすすめ

低血圧の原因を防ぐ圧迫治療のすすめ

「高血圧は万病のもと」とはよく言われますが、低血圧もまた、冷え症や脳溢血や脳梗塞などを引き起こす要因になり得ることが最近の研究でわかってきています。にもかかわらず、日本ではまだまだ「血圧は低いほど良い」という価値観が浸透しており、低血圧を抜本的に解消するメソッドが少ないのが現状です。そうした中で現在、低血圧を改善する有効な方法として圧迫治療が勧められています。なぜ血管を圧迫すると血圧が正常に戻るのか、また体のどの部位をどのように圧迫すれば最も効果的なのかなど、ここでは低血圧における圧迫治療の概要を医学的にまとめました。

圧迫すると、なぜ低血圧の改善につながる?

一般的な感覚で考えれば、血管を強くおさえる行為は血圧のコントロールにおいては悪い影響をもたらすのではないかと思われます。止血という行為からもイメージされるように、特定の箇所の血管をきつくおさえることによりその部分に過度な負荷がかかり、よりいっそう血圧を低くしてしまうように感じる方も多いのではないでしょうか。しかし、実際には血管を適度に圧迫することによってそれ以前よりも血流が増え、長期的なスパンで考えれば血圧の正常化につながると最新の研究では考えられています。といっても、血管をむやみに圧迫すれば良いというわけではなく、あくまでポイントをおさえた圧迫が重要となります。ここ数年の研究では腹部の圧迫がとくに効果的であることがわかっており、腹部を走る太い動脈に指を軽く沿わせるように痛くない程度に数分間ずつゆっくりと圧迫していくと血流が良くなり、血圧の低い状態が改善にむかうと言われています。

どのように圧迫させると効果的なのか

血管の圧迫治療は、医師の専門的なアドバイスのもと適切な方法で行うことが望ましく、決して安易に自己流で試してはいけません。どの部位の血管に刺激を与えるにしても、基本となるポイントは「ソフトに、軽く、ゆっくりと」ということです。しつこい低血圧で長年悩まされていると、即効性を期待するあまりついつい血管を強くおさえてしまいますが、あまり力を込めすぎると血管に過剰な負担がかかってしまい、よけいに症状を悪化させてしまうことになりかねません。手のひらや拳をぎゅっと押しつけてしまうと血流を停滞させてしまいますので、目安としては指3本分を血管に沿わせるように軽く押しあて、痛みが出ない程度の力でゆっくりと時間をかけて刺激していくのが最善だと言われています。ほかの人の血管を刺激する場合は痛みがとくにわかりにくいため、施術中の表情や筋肉のこわばりを逐一チェックしつつ、少しでも苦痛を訴えるようならその時点でただちに中止するようにしましょう。

血流の流れを良くすることが、低血圧改善の第一歩

血管圧迫療法はつまるところ、血管に適度な刺激を与えて血流を正常化することにその眼目があります。言い換えれば、ほかの方法で全身の血流を良くすることができれば低血圧の原因がなくなり、症状も自然と改善にむかうということであり、メソッドがひとつではないことを表しています。血流を改善する手軽なアプローチとしては入浴がよく知られており、家庭で簡単に行える血流改善法として推奨する医師も少なくありません。ただし、極端に熱いお湯にいきなり肌をさらすのはかえって逆効果であり、温度差が大きくなる冬場ではヒートショックによる脳溢血などの原因となる確率が急激に高まります。冬場でも38度~40度のぬるま湯に近い温度でじっくりと体を温めることによって血管が拡張しやすくなり、長期的な血圧の正常化が期待できます。自己流の入浴法では突然死につながる危険性があるため、心臓などに持病のある人は事前に専門医のアドバイスを受けるようにしましょう。

まとめ

低血圧症状の長期的な改善が期待できると言われる血管圧迫療法のメカニズムは一見簡単なようですが安全に行うためには正しい知識を身につける必要があり、自己流でつづけるのはリスクが大きいとされています。他にも温熱療法や運動療法など、血圧正常化のアプローチはいくつか研究されているため、ひとつの方法のみにこだわるのではなくいくつかのアプローチを組み合わせることによって自然なかたちで血圧をコントロールしていくことが望ましいとされています。

※本文参考資料

「弾性包帯による圧迫療法—効果的に治療を行うために—」宮崎 慶子, 近藤 かすみ

「腹部圧迫は地域在住高齢者の起立性低血圧を改善させる」川瀬 春奈,山田 純生,小林 聖典

「静脈還流の促進による透析低血圧症の予防効果」収録刊行物・日本透析医学会雑誌

あっちゃんおすすめ!低血圧対策サプリ3選
薬院オーガニックのプロポリス
安心度 朝すっきり度 血のめぐりスムーズ度
詳しくはこちら
薬院オーガニックの
プロポリス
高麗人参・田七人参
安心度 朝すっきり度 血のめぐりスムーズ度
詳しくはこちら
高麗人参・田七人参
コエンザイムQ10
安心度 朝すっきり度 血のめぐりスムーズ度
詳しくはこちら
コエンザイムQ10
このサイトの筆者
筆者:あっちゃん(圧子)
最高血圧:94mmHg
最低血圧:58mmHg
子どもの頃からスーパー低血圧で、学校の朝礼中は貧血で倒れることもしばしば。特に朝は弱くて、目が覚めてから布団を出るまで30分以上かかるツワモノ!
でも、低血圧対策としてサプリを飲み始めサプリを飲んでてからは、スッキリ目覚められるようになりました^^
私が飲んでいるサプリはこれです
そもそも低血圧とは?
低血圧の症状とその対処法・予防策
低血圧の種類とその原因
血圧あげてすっきり解消!今日からできる低血圧対策まとめ
低血圧対策サプリに入っている成分を比較!
これはオドロキ!低血圧にかんするマメ知識
 
pagetop